TAG index
ホームページ作成ガイド

ステップアップ&テクニック - ホームページ作成ガイド

HTML&CSS Web制作リファレンス
- ホームページの構築・運用 -

< HOME / ホームページ作成ガイド / まずはじめに
まずはじめに


必要最小限の準備で、簡単なホームページの作成と公開までの作業を行ってみましょう。

まずは全体的な作業の流れと、準備しておきたい内容をご説明いたします。

※Windows98の環境で説明しますので、ご自分の環境に読み替えてご覧ください。


 作成から公開までの流れ
ホームページの作成は、テキストエディタ(メモ帳など)とブラウザ(インターネットエクスプローラなど)があれば、今すぐにでも始められます。

まず作成の流れを簡単に説明しますと、

メモ帳を立ち上げる → 内容を書き込む(または貼り付ける) → HTMLファイルとして保存する → ブラウザで表示確認する

たったのこれだけです!
(もちろんこれは、簡単なページを作成する場合の話しですが…)


しかし、作成したホームページを公開するには、多少の準備が必要になります。(でもそんなに難しいことではありません)

公開までの流れを簡単に説明しますと、

公開する場所を確保する → FTPソフトを入手してインストールする → FTPソフトを設定する → 作成したHTMLファイルをアップロードする → ブラウザで表示確認する

これで、インターネット上にあなたのホームページが公開されることになります。


以上のように、ホームページを作成して公開すること自体は、とっても簡単なことなのです。まずは練習用に簡単なホームページを作成し、全体の流れをつかんでみましょう。


 とりあえず準備するもの
とりあえず以下の準備が整っていれば、ホームページを公開することができます。

テキストエディタ
HTMLファイルを作成するためのソフトが必要です。専用のソフトも数多く出回っていますが、とりあえずはWindows付属の「メモ帳」があればOKです。

画像編集ソフト
画像を作成したり写真を掲載する場合には、画像編集ソフトが必要です。これも各種ソフトがありますが、とりあえずはWindows付属の「ペイント」があればOKです。

ブラウザ
作成したページを表示確認するには、ブラウザが必要です。これもWindows付属の「インターネットエクスプローラ」があればOKです。

公開する場所
作成したホームページを公開するには、公開する場所(サーバー)を確保しておく必要があります。

FTPソフト
公開する場所(サーバー)にホームページのデータを転送するには、FTPソフトが必要になります。このソフトは新たにインストールしなければなりません。


 公開する場所を確保する
作成したホームページを公開するには、ホームページのデータをサーバーと呼ばれるコンピュータに転送しなければなりません。サーバーにアップロードして初めて、インターネット上にホームページが公開されたことになります。

公開場所を確保する方法

プロバイダーのスペースを借りる
プロバイダーによっては、公開スペースがおまけで付いている場合があります。公開場所を手軽に確保したい場合には、この方法を選択すると良いでしょう。ただし、容量が小さい場合が多いみたいです。(プロバイダーの資料等でご確認ください)

無料ホームページスペースを借りる
インターネット上には、数多くの無料ホームページスペースが存在しています。公開場所を無料で確保したい!と考えている人は、この方法を選択すると良いでしょう。ただし、広告が表示されてしまうケースが多いです。

レンタルサーバーを借りる
独自ドメインを取得して本格的にホームページを運営していきたい!と考えている人は、この方法を選択すると良いでしょう。ただし、毎月のレンタル料にプラスして、ドメインの維持費がかかります。


スペースを借りるときのポイント

CGIが使えるかどうか
アクセスカウンター、掲示板、メールフォームなど、ダウンロードしてきたスクリプトを自由に設置したい場合は、CGIの使用を許可しているサーバーを借りなければなりません。また、CGIの使用を許可しているサーバーであっても、サーバー側が用意したCGIしか使えない場合もありますので、独自のCGIを設置予定の場合にはご注意ください。

CGIが禁止されている場合
CGIの使用が禁止されている場合でも、外部のレンタルCGIを借りることにより、ご自分のホームページにアクセスカウンターや掲示板などを設置することができます。

スペースの容量
テキスト中心のホームページの場合は、小規模なホームページで5MB程度、中規模なホームページでも10MB程度の容量があれば十分です。ただし、写真などのデータを多く含む場合や、サウンドデータや動画などが含まれる場合は、もっと多くの容量が必要になります。

ドメインの取得
ドメインの取得は、サーバー業者が代行してくれます。企業のホームページや、今後本格的にホームページを運営していきたいと考えている人は、できるだけ独自のドメインを取得しておくことをオススメします。

スペースのレンタル料(月額)
・プロバイダーのおまけスペースの場合は、無料で利用できるケースが多いみたいです。有料であっても、プラス数百円程度になると思います。
・無料ホームページスペースの場合は、その名のとおり無料です。
・レンタルサーバーの場合は、1,000円〜5,000円程度の業者が多いように思います。一般的なホームページの場合は、3,000円程度のスペースで十分でしょう。


 FTPソフトを入手する
FTPソフトは、ホームページのデータをサーバーに転送する際に使用します。色々な種類がありますが、Windows用FTPソフトの超定番、FFFTP(フリーソフト)をインストールしておけば間違いないでしょう。

最新版のダウンロードはこちらのサイトで
FFFTP … ダウンロードページ
Sota's Web Page … トップページ
FFFTP Q&A集

インストール方法
ダウンロードしたファイルを保存(どのフォルダでもOK)して、そのファイルダブルクリックして実行します。あとは画面の指示に従ってください…。(簡単にインストールできます)

設定方法・使用方法
設定方法と使用方法は、「アップロードしてみる」のページで簡単に説明しています。それぞれの詳しい情報は、ダウンロードサイトのQ&A集をご覧ください。

Mac用のFTPソフトでは、Fetch(有料ソフト) というのが有名らしいです(噂で聞いた話しですが)。他は Vector などでお探しいだたければと。。


ホームページ作成ガイドTOP


HTML5HTMLタグCSSカラーチャートWeb便利ツールテンプレートJavaScript
< HOME PageTop▲