<ol start=""></ol>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / 内容にli要素を含む場合:パルパブル・コンテンツ
利用場所 フロー・コンテンツが置ける場所
内容 li要素を0個以上 / スクリプトサポート要素

ol要素start="" を追加すると、リストの開始番号を変更することができます。


<ol start="5">
<li>リスト項目5</li>
<li>リスト項目6</li>
<li>リスト項目7</li>
</ol>

属性
任意属性
start="" 開始番号 数値 任意の数字 (初期値は 1 または項目数)

reversed属性の有無により、start属性の初期値は次のように変化します。

  • reversed属性が指定されていない場合は、1 が初期値となります。
  • reversed属性が指定されている場合は、そのリストの項目数が初期値となります。

このstart属性は、複数のリストを続き番号で表したい場合に役立ちます。

<ol>
<li>リスト項目1</li>
<li>リスト項目2</li>
<li>リスト項目3</li>
</ol>

<ol start="4">
<li>リスト項目4</li>
<li>リスト項目5</li>
<li>リスト項目6</li>
</ol>

次のように、type属性と併せて使用することも可能です。

<ol type="A" start="5">
<li>リスト項目5</li>
<li>リスト項目6</li>
<li>リスト項目7</li>
</ol>

使用例

分割されたリストで使用した例

<ol>
<li>リスト項目1</li>
<li>リスト項目2</li>
<li>リスト項目3</li>
</ol>

<ol start="4">
<li>リスト項目4</li>
<li>リスト項目5</li>
<li>リスト項目6</li>
</ol>

表示例
  1. リスト項目1
  2. リスト項目2
  3. リスト項目3
  1. リスト項目4
  2. リスト項目5
  3. リスト項目6
type属性と併せて使用した例

<ol type="A" start="3">
<li>リスト項目3</li>
<li>リスト項目4</li>
<li>リスト項目5</li>
</ol>

表示例
  1. リスト項目3
  2. リスト項目4
  3. リスト項目5