<head></head>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 ---
利用場所 html要素の最初の子要素として
内容 メタデータ・コンテンツを1つ以上 本文参照

head要素は、メタデータの集まりを表します。主に、title要素meta要素link要素などをこの要素内に配置します。

基本的には、この要素の内容はブラウザ上には表示されません。(ただし、一部の情報はブラウザのタイトルバーなどに表示されます)


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>文書情報</head>
<body>文書の本体</body>
</html>

このhead要素は、html要素の最初の子要素として配置します。

要素の内容に関して

基本的には、head要素の内容にtitle要素を含めなければなりません。

一部例外として、以下の場合に限り、title要素を省略することも可能となっています。これ以外ではtitle要素の配置が必須となります。

  • iframe要素srcdoc属性に記述された文書の場合。
  • HTMLメールとして作成された文書で、メールそのものに件名が指定されている場合など。
HTML5における変更点
  • 要素の定義が微妙に変わりました。(文書のヘッダ → メタデータの集まり)
  • profile属性が廃止されました。
  • noscript要素を含められるようになりました。
  • object要素を含めることができなくなりました。

使用例

meta要素、link要素、title要素を配置した例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta charset="UTF-8">
<meta name="keywords" content="head,ヘッダ,メタ,HTML5,タグ,要素">
<meta name="description" content="文書の説明。">

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>