<td></td>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 セクショニング・ルート
利用場所 tr要素の子要素として
内容 フロー・コンテンツ

td要素は、表のデータセルを表します。この要素は、tr要素の子要素として使用します。


<td>データセル</td>

属性
任意属性
colspan="" セルの結合 (水平方向) 数値 結合するセルの数 (1以上の整数)
rowspan="" セルの結合 (垂直方向) 数値 結合するセルの数 (0以上の整数)
headers="" 対応する見出しセル ID名 見出しセルのID名、半角スペース区切りで複数指定可能

各属性の詳細については、下記のページを参考にしてください。

td要素を使用することで、表のセル(データセル)を作成することができます。

次の例では、1つの行の中に3つのデータセルを配置しています。

<table border="1">
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
</table>

td要素の内容について

td要素セクショニング・ルートとなるので、この要素内では独自の見出しのランク付けを行うことができます。

<section>

<h3>ランク3の見出し</h3>

<table border="1">
<tr>
<td>

<h1>ランク1の見出し</h1>
<p>データセル</p>

</td>
</tr>
</table>

</section>
HTML5における変更点

使用例


<table border="1">
<tr>
<th>見出し1</th>
<th>見出し2</th>
<th>見出し3</th>
</tr>
<tr>
<td>データ1-1</td>
<td>データ2-1</td>
<td>データ3-1</td>
</tr>
<tr>
<td>データ1-2</td>
<td>データ2-2</td>
<td>データ3-2</td>
</tr>
</table>

表示例
見出し1 見出し2 見出し3
データ1-1 データ2-1 データ3-1
データ1-2 データ2-2 データ3-2