<th scope=""></th>

ブラウザ 非視覚系のブラウザ向け
分類 ---
利用場所 tr要素の子要素として
内容 フロー・コンテンツ(ただし、header要素footer要素セクショニング・コンテンツヘッディング・コンテンツは含められない)

th要素scope="" を追加すると、見出しの対象範囲を指定することができます。

  • この属性で示された情報は、非視覚系のブラウザ(音声ブラウザ等)で役立てられることになります。

<th scope="col">見出しセル</th>

属性
任意属性
scope="" 見出しの対象範囲 auto 自動、文脈に基づいて判断 (初期値)
row 行方向のセルを対象にする
col 列方向のセルを対象にする
rowgroup 行グループ内の全セルを対象にする
colgroup 列グループ内の全セルを対象にする

scope属性を指定することで、それがどのデータに対する見出しなのかを明確に示すことができます。


row は、そのth要素が行方向に対する見出しであることを示します。

<table border="1">

<tbody>
<tr>
<th scope="row">見出しセル</th>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
</tbody>

</table>

col は、そのth要素が列方向に対する見出しであることを示します。

<table border="1">

<tbody>
<tr>
<th scope="col">見出しセル</th>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
</tr>
</tbody>

</table>

rowgroup は、そのth要素が行グループに対する見出しであることを示します。

<table border="1">

<tbody>
<tr>
<th scope="rowgroup">見出しセル</th>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
</tbody>

<tbody>
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
</tbody>

</table>

colgroup は、そのth要素が列グループに対する見出しであることを示します。

<table border="1">

<colgroup span="2"></colgroup>
<colgroup span="1"></colgroup>

<tbody>
<tr>
<th scope="colgroup">見出しセル</th>
<td></td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
<tr>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
<td>データセル</td>
</tr>
</tbody>

</table>

headers属性との使い分けについて

scope属性とheaders属性は、その設定方法が異なるだけで、どちらも同じ機能を持っています。(見出しとデータセルとを関連付けます)

scope属性
th要素に指定するだけなので、簡単に設定することができます。単純な表の場合には、こちらの属性を使用した方が良いでしょう。
headers属性
設定には手間がかかりますが、scope属性では対応できない複雑な表の場合には、こちらの属性を使用することになります。

使用例

行方向のセルを対象にした例

<table border="1">
<tr>
<th scope="row">見出し1</th>
<td>データ1-1</td>
<td>データ1-2</td>
<td>データ1-3</td>
</tr>
<tr>
<th scope="row">見出し2</th>
<td>データ2-1</td>
<td>データ2-2</td>
<td>データ2-3</td>
</tr>
<tr>
<th scope="row">見出し3</th>
<td>データ3-1</td>
<td>データ3-2</td>
<td>データ3-3</td>
</tr>
</table>

表示例
見出し1 データ1-1 データ1-2 データ1-3
見出し2 データ2-1 データ2-2 データ2-3
見出し3 データ3-1 データ3-2 データ3-3
列方向のセルを対象にした例

<table border="1">
<tr>
<th scope="col">見出し1</th>
<th scope="col">見出し2</th>
<th scope="col">見出し3</th>
</tr>
<tr>
<td>データ1-1</td>
<td>データ2-1</td>
<td>データ3-1</td>
</tr>
<tr>
<td>データ1-2</td>
<td>データ2-2</td>
<td>データ3-2</td>
</tr>
<tr>
<td>データ1-3</td>
<td>データ2-3</td>
<td>データ3-3</td>
</tr>
</table>

表示例
見出し1 見出し2 見出し3
データ1-1 データ2-1 データ3-1
データ1-2 データ2-2 データ3-2
データ1-3 データ2-3 データ3-3
行グループ内のセルを対象にした例

<table border="1">

<thead>
<tr>
<th scope="col">見出し1</th>
<th scope="col">見出し2</th>
<th scope="col">見出し3</th>
</tr>
</thead>

<tbody>
<tr>
<th colspan="3" scope="rowgroup">グループA</th>
</tr>
<tr>
<td>データ1-1</td>
<td>データ2-1</td>
<td>データ3-1</td>
</tr>
<tr>
<td>データ1-2</td>
<td>データ2-2</td>
<td>データ3-2</td>
</tr>
</tbody>

<tbody>
<tr>
<th colspan="3" scope="rowgroup">グループB</th>
</tr>
<tr>
<td>データ1-3</td>
<td>データ2-3</td>
<td>データ3-3</td>
</tr>
<tr>
<td>データ1-4</td>
<td>データ2-4</td>
<td>データ3-4</td>
</tr>
</tbody>

</table>

表示例
見出し1 見出し2 見出し3
グループA
データ1-1 データ2-1 データ3-1
データ1-2 データ2-2 データ3-2
グループB
データ1-3 データ2-3 データ3-3
データ1-4 データ2-4 データ3-4
列グループ内のセルを対象にした例

<table border="1">

<colgroup span="2"></colgroup>
<colgroup span="2"></colgroup>

<thead>
<tr>
<th colspan="2" scope="colgroup">グループA</th>
<th colspan="2" scope="colgroup">グループB</th>
</tr>
<tr>
<th scope="col">見出し1</th>
<th scope="col">見出し2</th>
<th scope="col">見出し3</th>
<th scope="col">見出し4</th>
</tr>
</thead>

<tbody>
<tr>
<td>データ1-1</td>
<td>データ2-1</td>
<td>データ3-1</td>
<td>データ4-1</td>
</tr>
<tr>
<td>データ1-2</td>
<td>データ2-2</td>
<td>データ3-2</td>
<td>データ4-2</td>
</tr>
</tbody>

</table>

表示例
グループA グループB
見出し1 見出し2 見出し3 見出し4
データ1-1 データ2-1 データ3-1 データ4-1
データ1-2 データ2-2 データ3-2 データ4-2