<data value=""></data>

ブラウザ ---
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所 フレージング・コンテンツが置ける場所
内容 フレージング・コンテンツ

data要素は、要素内のテキスト等に対してコンピュータ可読データを追加したい場合に使用します。


<data value="123">コンピュータ可読データを追加します</data>

属性
必須属性
value="" コンピュータ可読データ 文字列 処理側が求める任意の形式

data要素は、ブラウザ上に表示される内容とは別に、データ処理用の値を持たせておきたい場合に使用することになります。

value属性の値は、そのデータを処理する側(スクリプト等)が求める形式で記述する必要があります。


次の例では、漢数字の内容に対してデータ処理用の算用数字を追加しています。

<data value="15000">一万五千円</data>

上記の場合、ブラウザ上には一万五千円と表示されますが、データを処理する側には 15000 という値を渡すことが可能になります。

内容が日付や時刻に関連している場合は、この要素の代わりにtime要素を使用することができます。

使用例

商品名に対してデータ処理用の商品番号を追加した例

<p><data value="10123">TAG index HTML5リファレンス</data></p>

表示例

TAG index HTML5リファレンス