<rtc></rtc>

ブラウザ
  • Fx
分類 ---
利用場所 ruby要素の子要素として
内容 フレージング・コンテンツまたはrt要素

rtc要素は、ルビテキスト(ふりがなの文字列)のコンテナを表します。この要素は、ruby要素の子要素として使用します。


<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc>Oversleeping</rtc>
</ruby>

<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc><rt>asa</rt><rt>ne</rt><rt>bou</rt></rtc>
</ruby>

<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rp>(</rp><rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rp>[</rp><rtc>Oversleeping</rtc><rp>])</rp>
</ruby>

rtc要素は、rt要素(ルビテキスト)のコンテナを明示的に示します。これは、ルビの対象となるテキストに対して2種類のルビ(両側ルビ)を振りたい場合に使用します。

詳しくは下記の項目を参考にしてください。

次の例では、rtc要素を使ってrt要素のコンテナを明示的に示しています。

<ruby>
今日
<rtc><rt>きょう</rt></rtc>
</ruby>

しかし、rt要素は暗黙的なコンテナ内に配置されているので、上記の場合はrtc要素を使わずに次のように記述できます。(上記の例と次の例は意味的に同じです)

<ruby>
今日
<rt>きょう</rt>
</ruby>

同じ理由から、次の場合もrtc要素を使わずに記述できます。

<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rtc><rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt></rtc>
</ruby>
<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
</ruby>

以上のように、ルビが1種類(rt要素のコンテナが1つ)の場合は、rtc要素を使わずに記述することができます。

rtc要素が必要となるケース

rtc要素は、rt要素のコンテナを2つに分離したい場合に使用することになります。(具体的には両側ルビを指定する場合)

<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc>Oversleeping</rtc>
</ruby>

上記の例では、1つ目のルビあさねぼうは暗黙的なコンテナ内に、2つ目のルビOversleepingは明示的なコンテナ内に配置されていることになります。(2つのルビコンテナが置かれたことになります)

このように記述することで、対応しているブラウザでは2種類のルビが表示されるようになります。

rtc要素の内容について

rtc要素の中には暗黙的にrt要素があるとみなされます。

そのため、次のような場合にはrtc要素内に直接テキストを記述することができます。

<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc>Oversleeping</rtc>
</ruby>

rtc要素内のルビテキストを分割したい場合は、次のようにrtc要素内にrt要素を配置します。

<ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc><rt>asa</rt><rt>ne</rt><rt>bou</rt></rtc>
</ruby>

使用例

グループルビ + 両側ルビの例

<p><ruby>
今日<rt>きょう</rt><rtc>Today</rtc>
</ruby></p>

表示例

今日きょうToday

熟語ルビ + 両側ルビの例

<p><ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc>Oversleeping</rtc>
</ruby></p>

<p><ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rtc><rt>asa</rt><rt>ne</rt><rt>bou</rt></rtc>
</ruby></p>

表示例

あさぼう Oversleeping

あさぼう asanebou

rp要素を使用した例

<p><ruby>
<rb>朝</rb><rb>寝</rb><rb>坊</rb>
<rp>(</rp><rt>あさ</rt><rt>ね</rt><rt>ぼう</rt>
<rp>[</rp><rtc>Oversleeping</rtc><rp>])</rp>
</ruby></p>

表示例

あさぼう Oversleeping])