HTML 4.01 要素一覧

ブロックレベル要素の一覧
要素名 分類 説明 DTD

分類に関する大まかな説明です。一部例外もありますので、詳細については各要素のページで確認してください。

子要素はブロックレベル要素とインライン要素
ブロックレベル要素、およびインライン要素を直接の子要素として配置できる要素。
子要素は原則ブロックレベル要素のみ
ブロックレベル要素のみを直接の子要素として配置できる要素。ただし、Strict DTD以外ではインライン要素(および文字列)を直接の子要素として配置できる。
子要素はインライン要素のみ
インライン要素(および文字列)のみを直接の子要素として配置できる要素。
子要素は特定の要素のみ
特定の要素のみを直接の子要素として配置できる要素。
子要素は空
内容を持たない要素。
その他
body要素、またはブロックレベル要素を直接の子要素として配置できる要素。ただし、Transitional DTDの場合はbody要素は不可。インライン要素(および文字列)を直接の子要素として配置することも可能。

※この一覧には、ブラウザ独自の拡張要素は掲載していません。

子要素はブロックレベル要素とインライン要素 Str Tra Fra
<div> B 範囲の指定(ブロックレベル)
<center> B センタリング ×
<fieldset> B フォーム部品のグループ化
子要素は原則ブロックレベル要素のみ Str Tra Fra
<blockquote> B 長文の引用(ブロックレベル)
<form> B 入力フォーム
<noscript> B スクリプトの代替内容
子要素はインライン要素のみ Str Tra Fra
<h1>-<h6> B 見出し
<address> B 作者情報・連絡先
<p> B 段落
<pre> B 整形済みテキスト
子要素は特定の要素のみ Str Tra Fra
<ul> B 順不同のリスト
<ol> B 順序付きリスト
<dl> B 定義型リスト
<dir> B ディレクトリリスト ×
<menu> B メニューリスト ×
<table> B
子要素は空 Str Tra Fra
<hr> B 水平線
<isindex> B テキスト入力欄 ×
その他 Str Tra Fra
<noframes> B フレームの代替内容 ×
マークの意味
項目 マーク 意味 説明
分類 B ブロックレベル要素 ひとつのまとまりを構成する要素
I インライン要素 文章中の一部として扱われる要素
- その他の分類 上記の2つに分類されない要素
DTD Str Strict DTD 厳密型
Tra Transitional DTD 移行型
Fra Frameset DTD フレーム設定用
使用可 そのDTDで使用できる要素
非推奨 使用できるが推奨されない要素
× 使用不可 そのDTDでは使用できない要素