1. Home
  2. HTMLタグ
  3. リンクタグ
  4. 同じページ内にリンクする(旧方式)

同じページ内にリンクする(旧方式)


<a href="#"></a>


以下の指定を行なうと、同じ文書内の特定部分へのリンクが可能になります。

このページで紹介する内容は、id属性に対応していない古いブラウザを考慮したやり方となります。



リンク元(出発点)
<a href="#abc">ABCの位置へジャンプ</a>

リンク先(到達点)
<a name="abc">ここがABCの位置</a>


属性 説明
href="" #識別名 リンク先の識別名を指定
name="" 識別名 固有の識別名を指定

この旧方式では、リンクの到達点として使用できる要素はa要素のみとなります。これ以外の要素を到達点としたい場合は、id属性を使用して設定する方法を参考にしてください。

■リンク先(到達点)の設定

まず、リンクの到達点となるa要素に、識別名を付けておきます。

以下の例では、abc という識別名を指定しています。

<a name="abc">ここがABCの位置</a>

※同時にid属性を指定しておくことをお勧めします。この場合、name属性id属性の値は同一である必要があります。

<a name="abc" id="abc">ここがABCの位置</a>

■リンク元(出発点)の設定

リンク元の href="" には、到達点の識別名をハッシュ( # )に続けて記述します。

<a href="#abc">ABCの位置へジャンプ</a>

この abc という名前が、リンク元とリンク先を結びつけることになります。

【識別名について】

識別名を付ける際には、以下の点に注意してください。

  • 1つの識別名は、同じ文書内で1ヵ所にだけ使用できます。(重複させてはならない)
  • 使用できる文字は、半角の英数字、ハイフン( - )、アンダーバー( _ )、コロン( : )、ピリオド( . )、です。(ハイフン以外の記号は使わない方が無難です)
  • アルファベットで始めなければなりません。(数字や記号で始めてはならない)
  • 大文字と小文字の区別があります。

※上記の注意事項は、id属性の規則に合わせた内容となります。(id属性と併用する場合に備えて)

メモ

古いブラウザを考慮する必要がない場合は、id属性を使用して設定する方法を参考にしてください。


使用例


<h1>TAG index</h1>

<h2>サンプル</h2>

<h3><a name="menu" id="menu">メニュー</a></h3>
<ul>
<li><a href="#section1">セクション1</a></li>
<li><a href="#section2">セクション2</a></li>
<li><a href="#section3">セクション3</a></li>
</ul>

<h3><a name="section1" id="section1">セクション1</a></h3>
<p>セクション1の段落。 ...</p>

<h3><a name="section2" id="section2">セクション2</a></h3>
<p>セクション2の段落。 ...</p>

<h3><a name="section3" id="section3">セクション3</a></h3>
<p>セクション3の段落。 ...</p>

<hr>

<p><a href="#menu">メニューに戻る</a></p>

表示例


リンクタグ

ページの先頭へ