<q cite=""></q>

ブラウザ
  • Fx
分類
要素

q要素cite="" を追加すると、引用元をURIで示すことができます。

  • 引用元のサイト名、書籍名、著者名などを示したい場合は、cite要素を使用します。

<q cite="http://www.example.com/">引用部分を示します</q>

属性 説明
cite="" URL 引用元がWebサイトの場合はURLを指定
ISBN 引用元が書籍の場合はISBN(図書コード)を指定

指定例

引用元がWebサイトの場合(引用元のURLを指定)
<q cite="http://www.example.com/"></q>
引用元が書籍の場合(引用元のISBNを指定)
<q cite="urn:ISBN:0-0000-0000-0"></q>

この属性で示された情報は、例えばFirefoxなどでは要素のプロパティで以下のように表示されます。

[要素のプロパティ]
(Firefox 2 の表示例)

※Firefox 3では要素のプロパティを表示できなくなってしまったようです。

使用例


<p><cite>TAG index</cite>には、<q cite="http://www.tagindex.com/">短い文章を引用する際に使用します</q>と書かれていました。</p>

表示例

TAG indexには、短い文章を引用する際に使用しますと書かれていました。