<html lang=""></html>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 ---
利用場所 文書のルート
内容 head要素body要素の順で1つずつ

html要素lang="" を追加すると、文書全体の言語を指定することができます。


<html lang="ja"></html>

属性
グローバル属性
lang="" 記述言語 言語コード 日本語の文書の場合は ja を指定

他国の言語で作成された文書では、その言語に合わせた指定を行います。

lang属性グローバル属性となりますので、全ての要素に対して指定することができます。

html要素に指定した場合
文書全体の言語を指定できます。
その他の要素に指定した場合
文書内の一部分に対して言語を指定できます。

使用例


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>

<h1>言語コードの指定</h1>

<p>文書全体は日本語の言語コードを指定。</p>
<p>これは日本語の文章です。</p>
<p>日本語の文章の中に<q lang="en">This is a pen.</q>英文を引用する時はこうなります。</p>

</body>
</html>