<meta http-equiv="" content="">

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 meta要素の本文参照
内容

meta要素http-equiv="" を追加すると、文書の状態を指定することができます。

http-equiv属性でキーワードを指定して、それに対応する値をcontent属性で指定します。

  • HTML5では、この属性が指定されたmeta要素のことをプラグマ指示子と呼んでいます。

<meta http-equiv="refresh" content="60">

属性
任意属性
http-equiv="" 指示の種類 content-language 文書の言語 (非準拠)
content-type 文書の文字エンコーディング
default-style デフォルトのスタイル
refresh 再読み込み・リダイレクト
set-cookie クッキーのセット (非準拠)
content-security-policy [5.1]コンテンツセキュリティポリシー(CSP)の状態
任意属性(http-equiv を指定している場合は必須
content="" 指示の内容 対応する値 指示の内容を指定
  • http-equiv属性の値(キーワード)は、大文字と小文字は区別されません。
  • content-security-policy は、文書にコンテンツセキュリティーポリシー(CSP)を適用する際に使用するようです。(詳細未確認

各キーワードの詳細については、下記のページを参考にしてください。

  • set-cookieはクッキーのセットを指定しますが、これは非準拠となるため、別の方法で指定することが推奨されています。
HTML5における変更点
  • http-equiv属性には、Content-Script-TypeContent-Style-TypePragmaCache-ControlExpiresを指定できなくなったようです。(これらの値はHTML5では定義されていません)

使用例


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta http-equiv="refresh" content="60; URL=http://www.example.com/">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>