<meta http-equiv="refresh" content="">

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 head要素の子要素として / head要素の子要素となるnoscript要素
内容

meta要素http-equiv="refresh" を追加すると、別文書へのリダイレクト(転送)を指定することができます。

content属性で指定した秒数後に、自動的に別の文書へジャンプします。


<meta http-equiv="refresh" content="60; URL=http://www.example.com/">

属性
任意属性
http-equiv="" 指示の種類 refresh 再読み込み・リダイレクト
任意属性(http-equiv を指定している場合は必須
content="" 指示の内容 秒数とURL 指定した秒数後にジャンプする

content属性の値には、秒数、セミコロン( ; )、URL=、リダイレクト先のURL、を記述します。具体的な書式は次のようになります。

content="秒数; URL=リダイレクト先のURL"

例えば、次のように指定すると、そのページを開いてから60秒後http://www.example.com/ へリダイレクトすることになります。

content="60; URL=http://www.example.com/"

使用例

15秒後のリダイレクトを設定した例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta http-equiv="refresh" content="15; URL=http://www.example.com/">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>

<p>このページは下記のURLに移転しました。</p>

<p><a href="http://www.example.com/">http://www.example.com/</a></p>

</body>
</html>

noscript要素内で使用した例
  • noscript要素内で使用すると、スクリプトを利用できないブラウザでのみ、リダイレクトが行われることになります。
  • noscript要素内で使用した場合は、IEでは機能しないようです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<noscript>
<meta http-equiv="refresh" content="5; URL=https://www.tagindex.com/html5/page/meta_redirect.html">
</noscript>

<title>スクリプト未対応向けのリダイレクト</title>

</head>
<body>

<h1>スクリプト未対応向けのリダイレクト</h1>

<noscript>

<p>スクリプトが利用できないブラウザでは、5秒後に下記のURLへリダイレクトされます。(前のページに戻ります)</p>

<p><a href="https://www.tagindex.com/html5/page/meta_redirect.html">https://www.tagindex.com/html5/page/meta_redirect.html</a></p>

</noscript>

...

</body>
</html>

表示例

サンプル画面へ新規ウィンドウで表示