<meta http-equiv="content-type" content="">

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 head要素の子要素として(文書の先頭から1024バイト以内)
内容

meta要素http-equiv="content-type" を追加すると、文書の文字エンコーディングを指定することができます。


<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">

属性
任意属性
http-equiv="" 指示の種類 content-type 文書の文字エンコーディング
任意属性(http-equiv を指定している場合は必須
content="" 指示の内容 text/html; charset=UTF-8 UTF-8 を指定する場合
text/html; charset=Shift_JIS Shift_JIS を指定する場合
text/html; charset=EUC-JP EUC-JP を指定する場合
  • content属性の値(エンコーディング名)は一例です。これ以外のエンコーディング名も指定できます。
  • エンコーディング名は、大文字と小文字は区別されません。

この文字エンコーディングの指定は、文書で使用している実際の文字コードに合わせる必要があります。

例えば、Shift_JISで保存された文書の場合は、charset="Shift_JIS" を指定することになります。(異なるエンコーディング名を指定すると、その文書が文字化けしてしまう場合があります)

文字コードの指定例

content属性の値には、text/html、セミコロン( ; )、charset=、エンコーディング名、を記述します。

UTF-8を指定する場合
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
Shift_JISを指定する場合
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
EUC-JPを指定する場合
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=EUC-JP">

使用例

UTF-8を指定した例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>