<iframe></iframe>

分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / エンベッディッド・コンテンツ / インタラクティブ・コンテンツ
利用場所 エンベッディッド・コンテンツが置ける場所
内容 テキスト 本文参照

iframe要素は、インラインフレーム(入れ子にされたブラウジング・コンテキスト)を表します。


<iframe src="example.html"></iframe>

属性
任意属性
src="" 文書の指定 URL フレーム内に表示する文書のURL
width="" フレームの幅 数値 ピクセル数
height="" フレームの高さ 数値 ピクセル数
name="" フレームの名前 アンダースコア( _ )で始まらない文字列 固有のフレーム名
seamless [+]シームレスなフレーム seamless 値は省略可能
srcdoc="" [+]フレームのコンテンツ HTMLコード フレーム内に表示するコンテンツ
sandbox="" [+]セキュリティ上の制限 キーワード 特定のキーワードを指定(詳細
  • src属性srcdoc属性が同時に指定された場合は、srcdoc属性が優先されることになります。

各属性の詳細については、下記のページを参考にしてください。

要素の内容に関して

HTML5では、iframe要素の内容は無意味なテキストとして扱われます。(代替コンテンツという意味は持ちません)

しかし、iframe要素に対応していない古いブラウザでは、iframe要素の内容が代替コンテンツとして機能することになります。この場合、iframe要素の内容は次の条件を満たしている必要があります。

  • 上記の条件については、仕様書で確認するようにしてください。(とりあえずフレージング・コンテンツは配置できるみたいですが、私には理解しきれませんでした…)
<iframe src="example.html">
ここに代替内容を記述します
</iframe>
HTML5における変更点

使用例


<iframe src="iexample_a.html"></iframe>

表示例
  • 表示サイズの指定がない場合は、上記のように300×150px程度で表示されます。(環境により異なるかもしれません)