<li value=""></li>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 ---
利用場所 ol要素の子要素として
内容 フロー・コンテンツ

li要素value="" を追加すると、リスト項目の番号を変更できます。この属性が指定されたli要素は、ol要素内で使用することができます。


<ol>
<li>リスト項目1</li>
<li value="5">リスト項目5</li>
<li>リスト項目6</li>
</ol>

属性
任意属性 (ol要素内で使用可能)
value="" 項目の番号 数値 任意の数字

value属性で項目の番号を変更すると、それ以降の項目はその番号からの連番になります。次の例では、3番目以降の項目は 7. 8. 9. と続くことになります。

<ol>
<li>リスト項目1</li>
<li>リスト項目2</li>
<li value="7">リスト項目7</li>
<li>リスト項目8</li>
<li>リスト項目9</li>
</ol>

次のように指定すると、逆順のリストを表すことができます。

<ol>
<li value="5">リスト項目5</li>
<li value="4">リスト項目4</li>
<li value="3">リスト項目3</li>
<li value="2">リスト項目2</li>
<li value="1">リスト項目1</li>
</ol>
  • 逆順のリストを表す場合は、reversed属性を使うよりも上記のように指定した方が確実です。(2016年11月現在)

使用例

途中で番号を変更した例

<ol>
<li>リスト項目1</li>
<li>リスト項目2</li>
<li value="7">リスト項目7</li>
<li>リスト項目8</li>
<li>リスト項目9</li>
</ol>

表示例
  1. リスト項目1
  2. リスト項目2
  3. リスト項目7
  4. リスト項目8
  5. リスト項目9
逆順のリストを表した例

<ol>
<li value="10">リスト項目10</li>
<li value="9">リスト項目9</li>
<li value="8">リスト項目8</li>
<li value="7">リスト項目7</li>
<li value="6">リスト項目6</li>
<li value="5">リスト項目5</li>
<li value="4">リスト項目4</li>
<li value="3">リスト項目3</li>
<li value="2">リスト項目2</li>
<li value="1">リスト項目1</li>
</ol>

表示例
  1. リスト項目10
  2. リスト項目9
  3. リスト項目8
  4. リスト項目7
  5. リスト項目6
  6. リスト項目5
  7. リスト項目4
  8. リスト項目3
  9. リスト項目2
  10. リスト項目1