1. Home
  2. スタイルシート CSS
  3. テキスト・フォント
  4. 行の高さを指定する

行の高さを指定する


line-height: ***;


line-height は、行の高さを指定するプロパティです。

このスタイルを設定すると、文章の行間を適度に空けることができます。



p {
line-height: 150%;
}


プロパティ名 説明
line-height 以下を参照 行の高さを指定

初期値は normal(標準)です。

【行の高さの指定方法】

行の高さは、以下の3つの方法で指定することができます。

■数値+単位(em 等)で指定

line-height: 1.5em; … 文字サイズ×1.5倍の高さを指定 (1em = 文字の高さ)

■数値で指定

line-height: 1.5; … 文字サイズ×1.5倍の高さを指定 (1 = 文字の高さ)

■パーセントで指定

line-height: 150%; … 文字サイズ×1.5倍の高さを指定 (100% = 文字の高さ)


使用例


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<title>文書のタイトル</title>

<style type="text/css">

p { width: 40%; }

p.example { line-height: 150%; }

</style>

</head>
<body>

<p>行の高さを指定して、文章の行間を ...</p>

<p class="example">行の高さを指定して、文章の行間を ...</p>

</body>
</html>

表示例

行の高さを指定して、文章の行間を適度に空けてみます。上の段落は指定なし、下の段落は150%の高さを指定しています。

行の高さを指定して、文章の行間を適度に空けてみます。上の段落は指定なし、下の段落は150%の高さを指定しています。


テキスト・フォント

ページの先頭へ