accesskey=""

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O

accesskey属性は、要素にアクセスキーを割り当てます。


<a href="index.html" accesskey="U">リンクテキスト(U)</a>

属性
グローバル属性
accesskey="" アクセスキー 1文字 任意のキー

accesskey属性の用途

accesskey属性は、例えば次のような用途に使用することができます。

  • キーボードの操作でリンク先を開けるようにする。
  • キーボードの操作で入力欄を選択できるようにする。
  • キーボードの操作でコマンドを実行できるようにする。

accesskey属性の指定について

accesskey属性の値には、その要素に割り当てるアクセスキーを指定します。(大文字と小文字は区別されることになっています)

次の例では、このリンクにUのキーを割り当てています。

<a href="index.html" accesskey="U">リンクテキスト(U)</a>

リンクテキスト(U)

Windowsの場合は、以下の操作でこのリンク先を開くことができます。

IEの場合
キーボードのAltを押しながらUキーを押し、その後Enterキーを押す。
ChromeとSafariの場合
キーボードのAltを押しながらUキーを押す。
Firefoxの場合
キーボードのAlt + Shiftを押しながらUキーを押す。
Operaの場合
キーボードのShift + Escを押しながらUキーを押す。

アクセスキーの候補

  • この指定方法はHTML5の場合にのみ有効です。HTML 5.1では、設定できるアクセスキーは1つだけとなりました。

accesskey属性には、複数のアクセスキー候補を設定することもできます。(先に記述したアクセスキーが優先されます)

  • 複数のキーを設定する場合は、次のように半角スペースで区切って記述します。
<a href="index.html" accesskey="U 1">リンクテキスト</a>

上記の例では、テンキーしか持たない機器向けに、数字によるアクセスキーも設定しています。

  • ただし、複数のアクセスキーを設定すると、正常に機能しなくなってしまうブラウザもあります。

指定できる要素

accesskey属性はグローバル属性のため、HTML5の全ての要素に指定することができます。

HTML5における変更点
  • 指定できる要素が大幅に増えました。(7種類の要素 → 全ての要素)
  • 複数のアクセスキー候補を設定できようになりました。
HTML 5.1における変更点
  • 複数のアクセスキー候補が設定できなくなりました。

使用例

リンクと入力欄にアクセスキーを設定した例

<p><a href="index.html" accesskey="L">グローバル属性(L)</a></p>

<p>名前(N):<input type="text" accesskey="N"></p>

表示例

グローバル属性(L)

名前(N):