dir=""

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O

dir属性は、要素内容の書字方向を指定します。


<p dir="ltr">書字方向を指定します</p>

属性
グローバル属性
dir="" 書字方向 ltr 左から右へを指定
rtl 右から左へを指定
auto 書字方向が不明
左から右へ
日本語や英語などの場合は、左から右へ記述するので ltr を指定します。
右から左へ
アラビア語やヘブライ語などの場合は、右から左へ記述するので rtl を指定します。

1つの文書内に複数の言語が含まれる場合は、この属性でそれぞれの書字方向を示すことができます。

次の例では、引用したアラビア文にrtl(右から左へ)を指定しています。

<p>日本語の文章の中に<q lang="ar" dir="rtl">(ここがアラビア語だと思ってください。)</q>アラビア文を引用する時はこうなります。</p>

autoについて

値に auto を指定すると、書字方向が自動的に判断されることになります。しかし、厳密に判定している訳ではないので、誤った解釈になってしまう場合もあるようです。

そのため、この値は最後の手段としてのみ使用することが推奨されています。

指定できる要素

dir属性はグローバル属性のため、HTML5の全ての要素に指定することができます。

使用例

日本語の文章の中にアラビア文を含めた例

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" dir="ltr">
<head>

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>

<p>文書全体は「左から右へ」を指定。</p>
<p>これは日本語の文章です。</p>
<p>日本語の文章の中に<q lang="ar" dir="rtl">(ここがアラビア語だと思ってください。)</q>アラビア文を引用する時はこうなります。</p>

</body>
</html>

表示例

文書全体は「左から右へ」を指定。

これは日本語の文章です。

日本語の文章の中に(ここがアラビア語だと思ってください。)アラビア文を引用する時はこうなります。