<meta name="keywords" content="">

ブラウザ ---
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 メタデータ・コンテンツが置ける場所
内容

meta要素name="keywords" を追加すると、文書に関連するキーワードを示すことができます。

  • この要素で指定したキーワードは、検索エンジンで利用される可能性があります。(昔は利用されていたようです)

<meta name="keywords" content="ホームページ,HTML,CSS,JavaScript">

属性
任意属性
name="" 文書情報の種類 keywords 文書のキーワード
任意属性(name を指定している場合は必須
content="" 文書情報の内容 文字列 キーワードを指定

content属性の値(キーワード)は、カンマ( , )で区切って複数指定することも可能です。

content="キーワード1,キーワード2,キーワード3"

キーワードを詰め込みすぎると、後ろの方にあるキーワードは無視されてしまうと言われています。重要度の高いキーワードは、最初の方に記述しておいた方が良いでしょう。

使用例


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta name="keywords" content="HTML5,meta,要素,タグ,description,説明">
<meta name="description" content="meta要素のdescriptionに関する説明。使用例も掲載しています。">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>