<em></em>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所 フレージング・コンテンツが置ける場所
内容 フレージング・コンテンツ

em要素は、テキストの強調を表します。この要素は、トーンを強めて言いたいような箇所で使用します。


<em>強調を表します</em>

em要素は、文章のニュアンスを正確に表現したい場合に役立ちます。以下の例では、強調する箇所により、その文章のニュアンスが変化することを表しています。

次の例は、見たままの事実をそのまま伝えています。

<p>山田君が営業車でドライブしていた。</p>

次の例は、ドライブしていたのは山田君ですよという意味を表しています。

<p><em>山田君が</em>営業車でドライブしていた。</p>

次の例は、自家用車ではなく営業車だったという意味を表しています。

<p>山田君が<em>営業車で</em>ドライブしていた。</p>

次の例は、仕事ではなくドライブしていたという意味を表しています。

<p>山田君が営業車で<em>ドライブ</em>していた。</p>

次の例は、山田君を見かけたことに対する驚きを表しています。

<p><em>山田君が営業車でドライブしていた!</em></p>

強調の度合い

em要素を入れ子にすることで、強調の度合いを高めることができます。

<p><em>強調している中で<em>更に強調</em>しています!</em></p>
<p><em><em>強い強調を表しています!!</em></em></p>

重要性は表さない

em要素は強調だけを表します(重要性は表しません)。重要性を表したい場合には、この要素ではなくstrong要素を使用します。

要素のデフォルトスタイル

一般的なブラウザでは、この要素内のテキストはイタリック体で表示されます。

強調を表します
HTML5における変更点
  • 要素の定義が微妙に変わりました。(強調 → ニュアンスに変化をもたらす強調)
  • 入れ子にした場合の意味(強調の度合い)が追加されました。

使用例


<p>この前、山田君が営業車で<em>ドライブ</em>していたよ。</p>

表示例

この前、山田君が営業車でドライブしていたよ。