<strong></strong>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所 フレージング・コンテンツが置ける場所
内容 フレージング・コンテンツ

strong要素は、テキストの強い重要性を表します。


<strong>重要性を表します</strong>

strong要素は、その内容がとても重要であることをユーザーに対して伝えます。

重要性の度合い

strong要素を入れ子にすることで、重要性の度合いを高めることができます。

<p><strong>重要なテキストの中で<strong>より強い重要性</strong>を表しています。</strong></p>
<p><strong><strong>より強い重要性を表しています。</strong></strong></p>

ニュアンスには影響しない

strong要素は重要性だけを表します(文章のニュアンスには影響しません)。強調を表したい場合には、この要素ではなくem要素を使用します。

要素のデフォルトスタイル

一般的なブラウザでは、この要素内のテキストは太字で表示されます。

重要性を表します
HTML5における変更点
  • 要素の定義が変わりました。(強い強調 → 重要性)
  • 入れ子にした場合の意味(重要性の度合い)が追加されました。

使用例

入力フォームの注意書きで使用した例

<p><strong>注意</strong>: 名前、メールアドレス、コメント欄は、<strong>入力必須</strong>の項目となります。<strong>特にメールアドレスが入力されていないと、<strong>こちらから返信することができません。</strong>必ず入力してください。</strong></p>

表示例

注意: 名前、メールアドレス、コメント欄は、入力必須の項目となります。特にメールアドレスが入力されていないと、こちらから返信することができません。必ず入力してください。

入れ子のstrong要素を赤色で表示した例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<title>文書のタイトル</title>

<style>

strong strong {
color: #ff0000;
}

</style>

</head>
<body>

<p><strong>注意</strong>: 名前、メールアドレス、コメント欄は、<strong>入力必須</strong>の項目となります。<strong>特にメールアドレスが入力されていないと、<strong>こちらから返信することができません。</strong>必ず入力してください。</strong></p>

</body>
</html>

表示例

注意: 名前、メールアドレス、コメント欄は、入力必須の項目となります。特にメールアドレスが入力されていないと、こちらから返信することができません。必ず入力してください。