確認ダイアログを表示する


ブラウザ
Internet Explorer Netscape Firefox Opera
参考
JavaScriptの基本

確認ダイアログを表示するスクリプトです。

「OK」ボタンと「キャンセル」ボタンが付いたダイアログが表示されます。


ソース

<html>
<head>
<title>TAG index Webサイト</title>

<script type="text/javascript">
<!--

function disp(){

	// 「OK」時の処理開始 + 確認ダイアログの表示
	if(window.confirm('本当にいいんですね?')){

		location.href = "example_confirm.html"; // example_confirm.html へジャンプ

	}
	// 「OK」時の処理終了

	// 「キャンセル」時の処理開始
	else{

		window.alert('キャンセルされました'); // 警告ダイアログを表示

	}
	// 「キャンセル」時の処理終了

}

// -->
</script>

</head>
<body>

<p><input type="button" value="確認ダイアログ" onClick="disp()"></p>

</body>
</html>

解説

<head> 〜 </head> 内にスクリプトを記述しておき、ボタンのクリックでスクリプトを実行します。

上記の例は、「OK」を押すと別のページにジャンプし、「キャンセル」を押すと警告ダイアログが表示される仕組みになっています。この処理は一例ですので、アレンジしてお使いください。

キャンセル時に何も動作させない場合は、// 「キャンセル」時の処理開始// 「キャンセル」時の処理終了 の部分を削除してください。

上記のスクリプトの中で確認ダイアログを表示している部分は、

window.confirm('本当にいいんですね?')

この部分になります。

上記の例ではボタンを使用していますが、リンクテキストで実行することもできます。

<a href="#" onClick="disp(); return false;">確認ダイアログの表示</a>

確認ダイアログの表示

表示されるメッセージに改行を入れたいときは、メッセージ内に \n を入れます。

window.confirm('確認ダイアログの表示\n改行のテストです')

青い文字の部分は、必要に応じて書き換えてください。