translate=""

ブラウザ ---

translate属性は、ページが翻訳される際、その要素を翻訳対象にするかどうかを指定します。


<p translate="no">翻訳対象にするかどうかを指定します</p>

属性
グローバル属性
translate="" 翻訳対象にするかどうか yes 翻訳対象にする
no 翻訳対象にしない
空文字列 翻訳対象にする
  • この属性を省略した場合は、祖先要素の指定内容が継承されます。
  • ルート要素(html要素)のデフォルト値は translate="yes" です。(そのため、デフォルトではページ全体が翻訳対象となります)

翻訳されたくないテキストに対して translate="no" を指定しておくと、そのテキストが翻訳の対象から除外されることになります。

<p>アップルを漢字で書くと<span translate="no">林檎</span>になります。</p>

上記の例を機械翻訳にかけた場合、林檎の部分だけが漢字で表記されることになります。(Google 翻訳で確認)

翻訳可能な属性

translate属性の指定内容は、要素内のテキストだけでなく翻訳可能な属性値にも適用されることになります。

以下の属性が翻訳可能な属性となります。

指定できる要素

translate属性はグローバル属性のため、HTML5の全ての要素に指定することができます。

使用例


<p>アップルを漢字で書くと<span translate="no">林檎</span>になります。</p>

表示例

アップルを漢字で書くと林檎になります。

  • このページを機械翻訳にかけた場合、林檎の部分だけが漢字で表記されます。(translate属性に対応している機械翻訳のみ)