<img src="" alt="">

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / エンベッディッド・コンテンツ / インタラクティブ・コンテンツ(usemap属性がある場合) / フォーム関連要素 / パルパブル・コンテンツ
利用場所 エンベッディッド・コンテンツが置ける場所
内容

img要素alt="" を追加すると、画像の代わりになるテキストを示すことができます。


<img src="example.gif" alt="代替テキスト">

属性
任意属性
alt="" 代替テキスト テキスト 画像の代わりになるテキスト

alt属性で指定した代替テキストは、主に次のような場合に使用されます。

  • 画像を表示しないブラウザの場合、画像の代わりにこのテキストが表示されます。
  • 音声ブラウザの場合、画像の代わりにこのテキストが読まれます。

alt属性と画像の関係について

alt属性の状態により、その画像の扱いは次のように変化します。

alt属性 状態 画像の扱い
alt="" alt属性の値が空 その画像は、省略可能なコンテンツ(装飾的、補足的、他と重複した情報)として扱われます。
alt="代替テキスト" 代替テキストあり その画像は、必要なコンテンツとして扱われます。画像が表示できない場合は、代替テキストが使用されます。
なし alt属性なし その画像は、必要なコンテンツとして扱われます。この場合、figcaption要素画像のキャプションを入れておく必要があります

代替テキストの基本的な考え方

全ての画像を代替テキストに置き換えたとしても、コンテンツの意味が変わらないようにすることが大切です。(情報が欠如したり、逆に重複したりしないように注意する必要があります)

alt属性が必要となるケース

alt属性は任意属性となりますが、次のような場合には必ず指定しなければなりません。(ほとんどのケースでalt属性の指定が必要となります)

画像のみを含むリンクやボタン
a要素(href属性あり)やbutton要素の内容が画像のみで構成されている場合は、最低1つの画像に代替テキストを指定する必要があります。
<p><a href="index.html"><img src="home.gif" alt="ホームに戻る"></a></p>

<p><button><img src="submit.gif" alt="送信する"></button></p>

<p><button><img src="red.gif" alt="RGB"><img src="green.gif" alt=""><img src="blue.gif" alt=""></button></p>
画像で表現された情報
フローチャート、グラフ、簡単な地図、といった画像の場合は、その内容と同等の情報を代替テキストによって提供する必要があります。(同等の情報が画像とは別に用意されている場合には、空のalt属性を指定しておきます)
<p><img src="flow.gif" alt="1.まずはお問い合わせください。2.弊社から最適なプランをご提案いたします。3.お見積りを作成いたします。"></p>

<p><img src="graph.gif" alt="2009年:5000万円、2010年:5600万円、2011年:3000万円"></p>

<p><img src="map.gif" alt=""></p>
<p>駅の南口を出たら環八方面へ向かってください。3つ目の信号を右折して、50mほど進んだ左側に現地があります。</p>
画像で表現された短いフレーズ
特定の意味を表すアイコンなどの場合は、その意味と同等のフレーズを代替テキストによって提供する必要があります。(画像の隣にその意味が記載されている場合には、空のalt属性を指定しておきます)
<p><img src="caution.gif" alt="注意:"><strong>メールアドレスは必ずご記入ください。</strong></p>

<p><a href="help.html"><img src="help.gif" alt="">ヘルプ</a></p>
画像で表現されたテキスト
テキストを画像で表現している場合は、それと同等のテキストを代替テキストによって提供する必要があります。
<h1><img src="logo.gif" alt="TAG index"></h1>

<p><a href="index.html"><img src="logo.gif" alt="TAG index ホーム"></a></p>
装飾的、補足的な画像
何の情報も含まない装飾的、補足的な画像の場合には、空のalt属性を指定します。
<p><img src="line.gif" alt=""></p>
写真
写真の場合は、その写真の簡単な説明などを代替テキストとすることができます。しかし、本文とは関連していないイメージ的な写真の場合には、空のalt属性を指定しておきましょう。
<h1>サイクリングレポート3日目</h1>

<p><img src="sky.jpg" alt="写真:雲ひとつない青空の下、大きな一本の木に立てかけられた私の愛車GIANT。"></p>

<p>昨日までとはうってかわり、3日目の朝は晴天となりました。 ...</p>
クリアGIF
画像がウェブビーコン(統計を収集するための画像)として使われる場合は、空のalt属性を指定しておきます。
<img src="beacon.gif" alt="" width="0" height="0">
  • ウェブビーコンとして使用する画像は、width属性とheight属性0 を指定することが推奨されています。

画像のキャプション

画像にキャプション(タイトルや簡単な説明)を付けたい場合は、figure要素の中にimg要素入れて次のように表すことができます。

<figure>

<figcaption>初冠雪の富士山</figcaption>
<p><img src="fuji.jpg" alt="うっすらと雪化粧した富士山の写真。"></p>
<p>Canon EOS mk4 SS:1/1000 ISO:100</p>

</figure>

alt属性を省略する場合

次の条件下でキャプションを入れている場合に限り、alt属性の省略が許容されています。

簡単に言うと、figure要素の内容はimg要素figcaption要素だけで構成されていなければならない、ということになります。(次の例のようにp要素を使うのは大丈夫だと思います)

<figure>

<figcaption>初冠雪の富士山</figcaption>
<p><img src="fuji.jpg"></p>

</figure>
  • 上記は特殊なケースに対応するためのものです。通常、alt属性の省略は極力避けなければなりません。

目的による違い

同一の画像であっても、その使用目的により代替テキストの内容は異なります。

TAG index

例えば、上記のロゴをページのヘッダで使用した場合、代替テキストの内容は次のようになります。

<p><img src="logo.gif" alt="TAG index"></p>

しかし、ロゴを説明するコンテンツで使用した場合には、代替テキストの内容は次のようになります。

<p>これは当サイトのロゴです。</p>
<p><img src="logo.gif" alt="ロゴの画像:TAG は大文字、index は小文字で書かれています。index の前後には「タグ」をイメージした括弧が付けられています。"></p>
<p>奇抜さは狙わずに、覚えやすさを重視してデザインしてみました。</p>

使用例

テキストを画像で表現している場合

<p><img src="sample.gif" alt="SAMPLE"></p>

表示例

SAMPLE

アイコンの場合
  • 補足的な画像には空のalt属性を指定しています。

<p><a href="index.html"><img src="home.gif" alt="ホーム" style="border: none;"></a></p>
<p>言語:<img src="jpn.gif" alt="日本" style="vertical-align: bottom;"></p>

---

<p><a href="index.html"><img src="home.gif" alt="" style="border: none;">ホーム</a></p>
<p>言語:<img src="jpn.gif" alt="" style="vertical-align: bottom;"> 日本</p>

表示例

ホーム

言語:日本

---

ホーム

言語: 日本

グラフの場合

<p><img src="graph.gif" alt="売上推移のグラフ:過去3年間の売上げは次の通りです。2009年:5000万円、2010年:5600万円、2011年:3000万円"></p>

---

<p><img src="graph.gif" alt="売上推移のグラフ"></p>

<p>過去3年間の売上げは次の通りです。</p>

<table border="1">
<tr>
<th scope="col">年</th><th scope="col">売上</th>
</tr>
<tr>
<td>2009年</td><td>5000万円</td>
</tr>
<tr>
<td>2010年</td><td>5600万円</td>
</tr>
<tr>
<td>2011年</td><td>3000万円</td>
</tr>
</table>

表示例

売上推移のグラフ:過去3年間の売上げは次の通りです。2009年:5000万円、2010年:5600万円、2011年:3000万円

---

売上推移のグラフ

過去3年間の売上げは次の通りです。

売上
2009年5000万円
2010年5600万円
2011年3000万円
写真の場合(1)

<h1>TAG indexホテル</h1>

<figure>
<p><img src="room.jpg" alt="客室内の写真。大きな窓の外に海が広がっています。"></p>
<figcaption>客室からの眺め</figcaption>
</figure>

<p>部屋からは海を一望することができ、とても感じの良いホテルでした。</p>

表示例

TAG indexホテル

客室内の写真。大きな窓の外に海が広がっています。

客室からの眺め

部屋からは海を一望することができ、とても感じの良いホテルでした。

写真の場合(2)
  • ストーリーの一部として写真を配置する場合は、前後の文章と繋がるように代替テキストを記述すると良いでしょう。

<p>カーテンを開けると、そこには海が広がっていた。</p>
<p><img src="room.jpg" alt="窓辺のテーブルには二つの椅子が添えられている。"></p>
<p>私は右の椅子に腰掛け、目の前のテーブルにワイングラスをそっと置いた。</p>

表示例

カーテンを開けると、そこには海が広がっていた。

窓辺のテーブルには二つの椅子が添えられている。

私は右の椅子に腰掛け、目の前のテーブルにワイングラスをそっと置いた。

複数の画像で構成されている場合
  • 代替テキストの対象が複数の画像で構成されている場合は、そのうちの1つに対象の代替テキストを記述します。残りの画像には空のalt属性を指定しておきます。

<p><img src="tag.gif" alt="TAG index"><img src="index.gif" alt=""></p>

表示例

TAG index