<img src="" width="" height="">

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / エンベッディッド・コンテンツ / インタラクティブ・コンテンツ(usemap属性がある場合) / フォーム関連要素 / パルパブル・コンテンツ
利用場所 エンベッディッド・コンテンツが置ける場所
内容

img要素width=""height="" を追加すると、画像の表示サイズを指定することができます。


<img src="example.gif" alt="サンプル" width="300" height="150">

属性
任意属性
width="" 画像の幅 数値 ピクセル数
height="" 画像の高さ 数値 ピクセル数

この属性の値には、画像ファイルの横幅と高さをピクセル数で指定しておきます。

サンプル (200×150)

例えば、幅200ピクセル×高さ150ピクセルの画像を埋め込む場合は、そのサイズをそのまま指定します。

<img src="sea.jpg" alt="サンプル" width="200" height="150">
  • 画像のサイズを指定しておくと、画像の読み込みを待たずに文書全体が表示されるようになります。そのため、感覚的には表示速度が高まることになります。また、レンダリング中のカクカクとした動き(画像が読み込まれるごとにレイアウトが動いてしまう現象)がなくなります。

使用例


<p><img src="sea.jpg" alt="サンプル" width="200" height="150"></p>

表示例

サンプル