URIとは

URIとは、リソースの場所を示すためのものです。リンクを設定する場合や画像などのファイルを埋め込む場合に、対象のファイルをURIで指定することになります。

<a href="http://www.example.com/">Webサイト制作</a>

<img src="image/example.gif" alt="サンプル">

上記の例では、http://www.example.com/image/example.gif の部分がURIになります。

絶対URIと相対URIの使い分け

URIの指定方法には、絶対URIによる指定と相対URIによる指定があります。

絶対URI
http:// から始まる指定方法です。別サイトにリンクする場合は、この方法で指定します。
相対URI
現在地を基準とした相対的な指定方法です。サイト内のページにリンクする場合は、この方法で指定するのが一般的です。

絶対URIの指定方法

対象となるファイルの場所を、http:// から記述します。

例えば、TAG index(トップページ)の絶対URIは次の内容になります。

http://www.tagindex.com/index.html

相対URIの指定方法

現在地を基準として、対象となるファイルの場所を相対的に指定します。

現在地と対象ファイルの位置関係により、記述方法は次のようなパターンに分けられます。

  • 以下は、リンクを設定する場合の指定例です。

同じディレクトリ内にリンクする時は、ファイル名のみ(または ./ に続けてファイル名)を記述します。

<a href="index.html"></a>
<a href="./index.html"></a>

下位の階層にリンクする時は、ディレクトリ名に続けて / を入れ、ファイル名を記述します。

<a href="example1/index.html"></a>
<a href="example1/example2/index.html"></a>

上位の階層にリンクする時は、../ に続けてファイル名を記述します。../ は1つ上の階層を指定するものです。2つ上の階層を指定する時は、../ を2つ入れてからファイル名を記述します。

<a href="../index.html"></a>
<a href="../../index.html"></a>

同じ階層の別ディレクトリ内にリンクする時は、../ に続けてディレクトリ名と / を入れ、ファイル名を記述します。

<a href="../example/index.html"></a>