1. Home
  2. HTMLタグ
  3. ページ全般タグ
  4. DOCTYPE宣言

DOCTYPE宣言


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "">


DOCTYPE宣言とは、その文書がどのバージョンのHTMLで、どの仕様に従って作られているのかをブラウザに伝えるためのものです。(これはタグではありません)

このDOCTYPE宣言は、文書の一番最初(html開始タグよりも前)に記述します。



<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">


DOCTYPE宣言には、Strict(厳密型)、Transitional(移行型)、Frameset(フレーム設定用)、この3つのDTD(文書型定義)が存在します。

また、この宣言にURIを含めるかどうかにより、ブラウザ側の「標準モード」と「互換モード」の切り替えが行われます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

メモ

HTML 4.01では、このDOCTYPE宣言の指定が必須となります。


使用例


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<title>文書のタイトル</title>
</head>
<body>



</body>
</html>


ページ全般タグ

ページの先頭へ