<input type="button">

更新日
仕様 HTML Living Standard
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / インタラクティブ・コンテンツ / フォーム関連要素リスト化サブミット可能リセット可能自動大文字化継承ラベル付け可能) / パルパブル・コンテンツ
利用場所 フレージング・コンテンツが置ける場所
内容 無し(空要素)

input要素type="button" を指定すると、汎用的に使えるボタンを作成できます。

  • このボタンは、主にJavaScriptなどで使用することになります。

<input type="button" value="ボタン">

<input type="button" value="ボタン" onclick="alert('汎用ボタン')">

属性
任意属性(共通)
type="" 部品のタイプ button 汎用的なボタン
name="" 部品の名前 文字列 部品を識別するための名前
value="" ボタンのテキスト 文字列 ボタンに表示されるテキスト
disabled 部品の無効化 disabled 値は省略可能
form="" フォームとの関連付け ID名 関連付けるform要素に指定したID名
  • 各属性の概要は、上記表のリンク先をご覧ください。(input要素のページにリンクしています)

どの部品タイプにどの属性を指定できるかは、下記の対応表で確認することができます。

この部品タイプの特徴

汎用的なボタンです。

(実際の表示例)

ボタンに表示されるテキストは、value属性で指定することができます。

<input type="button" value="クリック">

value属性を省略した場合は、ボタンには何も表示されません。(次のように小さなボタンになってしまいます)

(実際の表示例)

使用例

アラートの表示に使用した例

<p><input type="button" value="アラート" onclick="alert('アラートを表示します')"></p>

表示例