DOCTYPE宣言

HTML5のDOCTYPE宣言は、以下のように記述します。(文書の先頭に記述します)

<!DOCTYPE html>

この宣言を行うことで、ブラウザのレンダリングモードが標準モードになります。

  • HTML5では、このDOCTYPE宣言の指定が必須となります。

言語コードの指定

文書全体の言語を示したい場合は、html要素に対して以下の指定を行ないます。(日本語の場合は ja を指定します)

<html lang="ja">
  • HTML 4.01の場合と同じように指定することができます。

文字エンコーディングの指定

HTML5の文字コード宣言は、meta要素で以下のように記述します。(この要素はhead要素内に配置します)

<meta charset="UTF-8">
  • 基本的には上記のように指定しますが、必要であれば従来の指定方法を使用することもできます。
  • HTML5では、UTF-8 を使用することが推奨されています。

HTML5の雛形

上記の3点をまとめると、以下のようなコードになります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>

<meta charset="UTF-8">

<title>タイトル</title>

</head>
<body>

<h1>文書の内容</h1>

<p>内容</p>

</body>
</html>
  • 文字エンコーディングを指定するmeta要素は、head要素内の先頭に配置することをお勧めします。