<object name=""></object>

ブラウザ
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / エンベッディッド・コンテンツ / インタラクティブ・コンテンツ(usemap属性がある場合 HTML 5.1では廃止) / フォーム関連要素リスト化サブミット可能再関連付け可能) / パルパブル・コンテンツ
利用場所 エンベッディッド・コンテンツが置ける場所
内容 param要素を0個以上、その後にトランスペアレント(親要素のコンテンツモデルを継承)

object要素name="" を追加すると、埋め込む領域に名前を付けることができます。


<object data="example.html" type="text/html" name="example"></object>

属性
任意属性
name="" [!]コンテンツの領域名 アンダースコア( _ )で始まらない文字列 固有の領域名

name属性で指定した領域名(ブラウジング・コンテキスト名)は、リンクにtarget属性を指定する場合フォームの送信でtarget属性を指定する場合などに使用されます。

領域の名前について

領域の名前は、アンダースコア( _ )で開始されない任意の文字列で指定します。

  • アンダースコアで開始される名前は、特定のキーワード(_blank_self 等)のために確保されています。

使用例

  • 埋め込む領域を2つ配置して、上の領域にはexample1、下の領域にはexample2という領域名を付けています。各a要素には、target属性で表示先の領域名を指定しています。

<ul>
<li><a href="oexample_a.html" target="example1">上の領域にサンプル1を表示</a></li>
<li><a href="oexample_b.html" target="example1">上の領域にサンプル2を表示</a></li>
<li><a href="oexample_c.html" target="example1">上の領域にサンプル3を表示</a></li>
</ul>

<ul>
<li><a href="oexample_a.html" target="example2">下の領域にサンプル1を表示</a></li>
<li><a href="oexample_b.html" target="example2">下の領域にサンプル2を表示</a></li>
<li><a href="oexample_c.html" target="example2">下の領域にサンプル3を表示</a></li>
</ul>

<p><object data="oexample_a.html" width="250" height="80" name="example1"></object></p>
<p><object data="oexample_a.html" width="250" height="80" name="example2"></object></p>

表示例

  • 未対応のブラウザでは、リンク先の文書が領域内に表示されません。