<base>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 head要素の子要素として(1つのみ) 本文参照
内容

base要素は、相対URLの基準となるURLを示します。この要素は、head要素内に1つだけ配置することができます。

基準となるURLは、その文書内の全ての相対URL(リンク、画像、フォーム等)に適用されることになります。


<base href="http://www.example.com/index.html">

属性
任意属性(どちらか1つは必ず指定
href="" 基準となるURL URL http:// から始まる絶対URLで指定
target="" リンク先の表示方法 _blank 新規のウィンドウに表示
_self 現在のウィンドウ(フレーム)に表示
_parent 親ウィンドウ(フレーム)に表示
_top フレームを解除してウィンドウ全体に表示
ウィンドウ名、フレーム名 任意のウィンドウ(フレーム)に表示
  • href属性target属性は、どちらか1つは必ず指定しなければなりません。

相対URLでリンクを設定する場合、通常はリンク元の文書が相対URLの基準の位置になります。base要素(href属性)は、その基準となる位置を変更したい(1ヵ所に定めておきたい)場合に使用することになります。

target属性について

target属性は、リンク先の表示方法の基準を指定します。

次の例では、リンク先の文書が新規のウィンドウで表示されるように指定しています。

<base href="http://www.example.com/index.html" target="_blank">

要素の利用場所に関して

このbase要素は、URLが指定された他の要素よりも前に配置しなければなりません。例えば、head要素内にlink要素などが含まれる場合は、それよりも前にこの要素を配置しておきます。

使用例


<!DOCTYPE html>
<html manifest="file/example.appcache">
<head>

<meta charset="UTF-8">

<base href="http://www.example.com/index.html">
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/style.css">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>