<link rel="" href="">

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 メタデータ・コンテンツが置ける場所 / head要素の子要素となるnoscript要素
内容

link要素は、その文書全体を別の文書類と関連付けます。通常、この要素はhead要素内で使用します。


<link rel="help" href="help.html">

属性
必須属性
rel="" 現在の文書から見たリンク先の関係 リンクタイプ 半角スペース区切りで複数指定可能
href="" リンク先の指定 URL 関連文書類のURL
任意属性
hreflang="" リンク先の記述言語 言語コード jaenzh、等
type="" リンク先のMIMEタイプ MIMEタイプ CSSの場合は text/css
media="" 対象とするメディア メディアクエリ カンマ( , )区切りで複数指定可能 (初期値は all
sizes="" [+]アイコンのサイズ any 可変サイズ (SVG等、ベクター形式の画像向け)
横幅x高さ ピクセル数で指定、半角スペース区切りで複数指定可能
crossorigin="" [+]別ドメインにあるリソースの扱い方法 anonymous 認証を利用しない
use-credentials 認証を利用する
rev="" [5.1]リンク先から見た現在の文書の関係 リンクタイプ 半角スペース区切りで複数指定可能
グローバル属性(この要素上では、title属性が特別な意味を持ちます)
title="" リンク先のタイトル 文字列 任意のタイトル
  • sizes属性は、rel="icon" が指定されている場合にのみ使用することができます。
  • crossorigin属性は、CORS (Cross-Origin Resource Sharing)の仕組みを利用して、別ドメインのリソースにアクセスする際の扱いを指定するもの、だそうです。値が省略された場合のデフォルト値は anonymous、属性そのものが省略された場合はCORSを利用せずにアクセスします。(詳細未確認
  • rel属性rev属性は同時に指定することも可能です(HTML 5.1の場合)。

各属性の詳細については、下記のページを参考にしてください。

link要素を使用すると、例えば現在の文書に関連するヘルプページ翻訳版ページを示したり、外部スタイルシートを読み込むことができるようになります。

HTML5における変更点
HTML 5.1における変更点
  • rev属性が復活しました。

使用例

翻訳版の文書を指定した例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<link rel="alternate" href="english.html" hreflang="en" title="English">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>