<dfn></dfn>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 フロー・コンテンツ / フレージング・コンテンツ / パルパブル・コンテンツ
利用場所 フレージング・コンテンツが置ける場所
内容 フレージング・コンテンツ(ただし、dfn要素は含められない)

dfn要素は、定義される用語を表します。

用語の意味を説明する際に、その用語の部分に対してこの要素を使用します。


<dfn>定義される用語を表します</dfn>

属性
グローバル属性(この要素上では、title属性が特別な意味を持ちます)
title="" 定義用語 テキスト 任意のテキスト

dfn要素を使用する場合は、dfn要素の親となる段落セクション、または記述リストの同じグループ内に、その用語に対する定義も含めなければなりません。

<p><dfn>HTML</dfn>は、Webページを作成するためのマークアップ言語です。</p>
<dl>
<dt><dfn>HTML</dfn></dt>
<dd>Webページを作成するためのマークアップ言語です。</dd>
</dl>
  • 定義を伴わない用語の場合は、この要素ではなくi要素b要素などを(状況に合わせて)使用します。

title属性について

dfn要素にtitle属性が指定されている場合は、そのtitle属性の値が定義用語となります。次の例ではHyperText Markup Languageが定義用語になります。

<dfn title="HyperText Markup Language">HTML</dfn>

dfn要素にtitle属性がなく、内容にtitle属性が指定された1つのabbr要素のみが置かれてる場合には、そのtitle属性の値が定義用語となります。次の例でもHyperText Markup Languageが定義用語になります。

<dfn><abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr></dfn>

上記以外の場合は、dfn要素の内容が定義用語となります。次の例ではHTML要素が定義用語になります。

<dfn><abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr>要素</dfn>

dfn要素へのリンク

dfn要素にリンクすると、リンク元の内容(用語)を定義用語の用例として関連付けることができます。

<p><dfn id="html">HTML</dfn>は、Webページを作成するためのマークアップ言語です。</p>
...

<p>来月から<a href="#html">HTML</a>の勉強を始めることにしました。</p>

要素のデフォルトスタイル

一般的なブラウザ(一部を除く)では、この要素内のテキストはイタリック体で表示されます。

定義される用語を表します
  • Safari(5)はイタリック体にならないようです。
HTML5における変更点
  • 定義内容の記述位置や、title属性の扱いなどが厳密になりました。

使用例


<p><dfn>HTML</dfn>は、Webページを作成するためのマークアップ言語です。</p>

表示例

HTMLは、Webページを作成するためのマークアップ言語です。