1. Home
  2. HTMLタグ
  3. フレームタグ
  4. インラインフレームを使用した時のリンクの設定方法

インラインフレームを使用した時のリンクの設定方法


<a href="" target=""></a>


a要素target="" を追加すると、リンク先の文書をどのフレーム(ウィンドウ)に表示するかを指定できます。

ここでは、インラインフレームを使用した時のリンクの設定方法を説明します。



<a href="example.html" target="_top">リンクテキスト</a>


属性 説明
target="" _blank 新規のウィンドウに表示
_self 現在のフレーム(ウィンドウ)に表示
_parent 親フレームに表示
_top フレーム分割を解除してウィンドウ全体に表示
フレーム名、ウィンドウ名 任意のフレーム(ウィンドウ)に表示

上記の属性は、Strict DTDでは使用できません。

target="_blank" の指定は、ユーザーの環境によってはポップアップブロックが機能してしまう場合があります。

【インラインフレームを使用した時のリンクパターン】

[インラインフレームの例]

文書全体(A)を「ページ」、インラインフレーム(B)を「フレーム」として説明します。

上記の例の場合、次のようなリンクパターンが考えられます。

  • ページにリンクを配置して、フレーム内にリンク先の文書を表示する。
  • フレーム内にリンクを配置して、同じフレーム内にリンク先の文書を表示する。
  • フレーム内にリンクを配置して、別のフレーム内にリンク先の文書を表示する。
  • フレーム内にリンクを配置して、ウィンドウ全体にリンク先の文書を表示する。

この4つのパターンを使って、以下の使用例を説明していきます。


使用例

■ページにリンクを配置して、フレーム内にリンク先の文書を表示する

指定方法: 表示先のフレームにフレーム名を付けて、リンクの target="" にそのフレーム名を指定します。

表示例

※フレーム名については、「インラインフレームにフレーム名を付ける」をご覧ください。


■フレーム内にリンクを配置して、同じフレーム内にリンク先の文書を表示する

指定方法: フレーム名や target="" の指定は必要ありません。普通にリンクするだけで同じフレーム内に表示されます。(target="_self" を指定しても同じ結果になります)

表示例


■フレーム内にリンクを配置して、別のフレーム内にリンク先の文書を表示する

指定方法: 表示先のフレーム(下のフレーム)にフレーム名を付けて、リンクの target="" にそのフレーム名を指定します。

表示例

※フレーム名については、「インラインフレームにフレーム名を付ける」をご覧ください。


■フレーム内にリンクを配置して、ウィンドウ全体にリンク先の文書を表示する

指定方法: リンクに target="_top" を指定します。

表示例


フレームタグ

ページの先頭へ