1. Home
  2. HTMLタグ
  3. リンクタグ
  4. 起動させたメールに件名や本文を入れる

起動させたメールに件名や本文を入れる


<a href="mailto:address?subject=&amp;body="></a>


リンクで起動させたメールに、予め件名や本文などを挿入しておくことができます。

※以下のサンプルコードをコピーする場合は、メールアドレスの書き換えを忘れないようにご注意ください。



<a href="mailto:info@example.com?subject=問い合わせ&amp;body=ご記入ください">メールはこちらへ</a>


属性 説明
href="" mailto:メールアドレス? mailto: に続けて送信先のメールアドレス等を記述

【値の詳細】

mailto:info@example.com?subject=件名&amp;body=本文

info@example.com … 送信先のメールアドレスを記述します
? … メールアドレスとその後に続く情報を ? マークで区切ります
subject= … メールの件名を記述します
body= … メールの本文を記述します
&amp; … 件名と本文を & マークで区切ります(文字参照で &amp; と記述します)

サンプル(メールソフトを起動します)

【その他の値】

CCやBCCなども設定することができます。

mailto:info@example.com?cc=cc@example.com&amp;bcc=bcc@example.com&amp;subject=件名&amp;body=本文

cc= … CCに設定するメールアドレスを記述します
bcc= … BCCに設定するメールアドレスを記述します

サンプル(メールソフトを起動します)

本文には、改行やスペースなどを入れることができます。

mailto:info@example.com?subject=件名&amp;body=改行と%0d%0aスペース%20スペース%20スペース%3f

%0d%0a … 改行を入れます
%20 … 半角スペースを入れます
%3f? マークを表示します

サンプル(メールソフトを起動します)

【URLエンコード】

件名や本文に日本語を使用すると、ユーザーの環境によってはその部分が文字化けしてしまいます。

文字化けを避けるために、日本語の部分はURLエンコードしておくようにしましょう。

※「URLエンコード・デコードフォーム」を使用すると、簡単にエンコードすることができます。

mailto:info@example.com?subject=%8c%8f%96%bc&amp;body=%96%7b%95%b6

(Shift-JISでエンコードした例です)

サンプル(メールソフトを起動します)

※一部の環境では、URLエンコードを行った場合でも文字化けが発生してしまうようです。

メモ

文字化けが発生してしまうと、利用者に不快感を与えてしまう可能性があります。特に商用サイトの場合では、件名や本文の挿入は控えておいた方がいいかもしれません。

件名や項目などの情報を予め設定しておきたい場合は、メールフォームを使用することをお勧めします。


使用例

info@example.com というメールアドレスに送信する場合
(このアドレスはダミーですので送信しないでください)


■件名を挿入した例


<p><a href="mailto:info@example.com?subject=%96%e2%82%a2%8d%87%82%ed%82%b9">メールはこちらへ</a></p>

表示例


■本文を挿入した例


<p><a href="mailto:info@example.com?body=%82%b2%8bL%93%fc%82%ad%82%be%82%b3%82%a2">メールはこちらへ</a></p>

表示例


■両方挿入した例


<p><a href="mailto:info@example.com?subject=%96%e2%82%a2%8d%87%82%ed%82%b9&amp;body=%82%b2%8bL%93%fc%82%ad%82%be%82%b3%82%a2">メールはこちらへ</a></p>

表示例


リンクタグ

ページの先頭へ