1. Home
  2. HTMLタグ
  3. 埋め込みタグ
  4. プラグインデータを埋め込む

プラグインデータを埋め込む


<embed src="">


embed要素で、文書内に音声や動画などのデータを埋め込むことができます。



<embed src="example.swf" type="application/x-shockwave-flash" width="200" height="100">


属性 説明
src="" URI 埋め込むオブジェクトのURIを指定
type="" MIMEタイプ オブジェクトのMIMEタイプを指定
name="" 文字列 オブジェクトの名前を指定
width="" ピクセル数またはパーセント オブジェクトの幅を指定
height="" ピクセル数またはパーセント オブジェクトの高さを指定
hspace="" ピクセル数 左右の余白を指定
vspace="" ピクセル数 上下の余白を指定
align="" topmiddlebottom
leftright
オブジェクトに並ぶテキストの位置を指定
(参考:画像に並ぶテキストの位置を指定する

【その他の属性】

上記以外にも、プラグインの種類により様々な属性が用意されています。以下はその一例です。

※設定内容に関する詳細は、各プラグインのマニュアルを参照してください。

autostart="" 自動的に再生するかどうかを指定
true … 再生する|false … 再生しない
loop="" 再生を繰り返す回数を指定
true … 無限|false … 1回|数値 … 指定した回数
hidden="" データを表示するかどうかを指定
true … 表示しない|false … 表示する
pluginspage="" 再生に必要なプラグインの入手先を指定
URI

※この要素は、HTML 4.01では定義されていません。

メモ

embed要素の代わりにobject要素を使用することが推奨されています。


使用例

■Flashデータを埋め込んだ例


<embed src="example.swf" loop="false" quality="high" bgcolor="#ffffff" type="application/x-shockwave-flash" width="130" height="130">

表示例


埋め込みタグ

ページの先頭へ