<meta>

ブラウザ
  • IE
  • Cr
  • Sf
  • Fx
  • O
分類 メタデータ・コンテンツ
利用場所 本文参照
内容

meta要素は、他のメタデータ・コンテンツ(title要素base要素link要素style要素script要素)では表現できない、様々なメタデータを表します。通常、この要素はhead要素内で使用します。


<meta charset="UTF-8">

<meta http-equiv="refresh" content="60">

<meta name="author" content="TAG index">

属性
任意属性(どれか1つを必ず指定
charset="" [+]文書の文字エンコーディング エンコーディング名 UTF-8Shift_JISEUC-JP など
http-equiv="" 指示の種類 キーワード 特定のキーワードを指定 (詳細
name="" 文書情報の種類 キーワード 特定のキーワードを指定 (詳細
任意属性(http-equiv または name を指定している場合は必須
content="" 指示または文書情報の内容 対応する値 指示または文書情報の内容を指定

各属性の詳細については、下記のページを参考にしてください。

文字エンコーディングの指定について

文書の文字エンコーディングは、次の2つの方法で指定することができます。(どちらか1つのみを使用します)

新しい書き方
<meta charset="UTF-8">
従来の書き方
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">

要素の利用場所に関して

meta要素の利用場所は、指定する属性により次のような違いがあります。

charset属性が指定されている、またはhttp-equiv属性に content-type が指定されている場合
head要素の子要素として(文書の先頭から1024バイト以内に記述)
http-equiv属性に content-type 以外の値が指定されている場合
head要素の子要素として、またはhead要素の子要素となるnoscript要素
name属性が指定されている場合
メタデータ・コンテンツが置ける場所
HTML5における変更点

使用例


<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta charset="UTF-8">

<meta name="author" content="TAG index">
<meta name="keywords" content="HTML5,タグ,要素,リファレンス">
<meta name="description" content="HTML5の使い方と使用例を紹介。">

<title>文書のタイトル</title>

</head>
<body>



</body>
</html>