<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">

ブラウザ
  • 動作未確認
分類
要素

meta要素で、文書がキャッシュされないように指定することができます。この要素はhead要素の中で使用します。


<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">

属性 説明
http-equiv="" Pragma または Cache-Control
content="" no-cache キャッシュさせない
  • この指定を行なった場合でも、ブラウザにキャッシュが残ってしまうケースがあるようです。

この指定がうまく機能しない場合は、同時にキャッシュの有効期限も指定してみてください。

使用例


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<title>文書のタイトル</title>
</head>
<body>



</body>
</html>

同時にキャッシュの有効期限を指定した例

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<meta http-equiv="Expires" content="0">
<title>文書のタイトル</title>
</head>
<body>



</body>
</html>