1. Home
  2. HTMLタグ
  3. イメージタグ
  4. 画像を表示する

画像を表示する


<img src="" alt="">


img要素で、文書内に画像を表示させることができます。



<img src="sample.gif" alt="サンプル">


属性 説明
src="" URI 表示する画像のURIを指定

img要素には、src属性alt属性が必須となります。

【画像の形式について】

Webページで使用する画像の形式は、一般的にはGIFJPEGになります。(他にPNGなども使われ始めています)

GIF (拡張子 .gif
256色(8bit)まで使用可能。イラスト向きの形式で、色数の少ない単調な画像に適しています。
JPEG (拡張子 .jpg
約1677万色(24bit)まで使用可能。写真向きの形式で、色数の多い複雑な画像に適しています。
PNG (拡張子 .png
約1677万色(24bit)まで使用可能。イラスト向きの形式で、色数の少ない単調な画像に適しています。写真などで使用する場合は、データ量が大きくなってしまうので注意が必要です(しかし、画質の劣化がないのでJPEGより綺麗に表示されます)。

PNG形式の画像は、古いブラウザでは対応していません。また、IE6などでも対応が不完全のようです。

メモ

alt属性を忘れずに指定しておくようにしましょう。また、title属性で画像の簡単な説明を記述しておくこともできます。


使用例


<p><img src="sample.gif" alt="Sample"></p>

<p><img src="rainbow.jpg" alt="写真" title="レインボーブリッジの写真"></p>

表示例

Sample

写真


イメージタグ

ページの先頭へ